Left ショッピングを続ける
ご注文

カートに商品がありません

こちらもおすすめ

【北海道産】毛がに400g前後×1尾

【北海道産】毛がに400g前後×1尾
北海道で「かに」と言えば、まず「毛ガニ」です。北海道を代表する味です!
今回は、毛ガニの中では中サイズ400g前後サイズを1尾でのお届け!
身がたっぷり入っているので身を楽しみたい方にお勧めです!

日常的に「かに」を食べている道産子には、毛ガニが人気です。

日本で食されているカニの三大有名ブランドといえば、ズワイガニ、タラバガニ、そして「毛ガニ」ですよね。ここで意外と知られていない事実をひとつ。「剛毛がびっしりでもっともルックスの悪い""毛ガニ""こそが、実はもっともおいしい」。これ、道産子の正直な感想です。
もちろん、好みの違いはあるでしょう。しかし、毛ガニの濃厚な味わいを評価する人は多いようです。毛蟹はタラバガニほどの量はありませんが、身が柔らかく繊細な味をしています。

毛ガニの身はとても甘くて美味、繊細な味です。

毛ガニで特筆すべきは、その優れた食味です。ズワイガニやタラバガニと比べて小ぶりであり、食べられる量が少ないにもかかわらず、その身はとても甘みがあって美味。なお、毛ガニを選ぶ際は、手で持ったときにしっかりと重みを感じるもの、そして、甲羅がかたく、多少押してもへこまないものが良いとされています。身がぎっしり詰まっています。特に身が美味しいのは、この400g前後のサイズです。さらに、食べ応えも十分、是非ご賞味ください。

毛ガニの醍醐味は、カニみそにありです。

毛蟹のカニ味噌は、濃厚でコクのある味をしており、苦味よりも甘みがあります。ものによってはまったく苦味、渋みがありませんので、「カニ味噌が苦手」という方でも楽しむことができます。舌触りもトロトロと滑らかですし、臭みもなく、爽やかな磯の薫りを楽しめます。
毛蟹は殻が柔らかいので剥きやすく、中身をすべて取り出したら、味の濃厚な足の部分はそのまま食べて、カニ味噌は肩肉と和えて食べる「とも和え」にするのが、通の食べ方です。

通な「毛ガニ」の食べ方を一つご紹介!カニ味噌を少し残しておいて、空になった甲羅に味噌と日本酒を入れてそのまま熱にかければ、「甲羅酒」の完成です。甲羅に穴が開いている場合は米粒などで塞ぎ、アルミホイルで包んでから日本酒を入れた方がよいでしょう。毛蟹を丸ごと一匹購入したら、ぜひ「とも和え」と「甲羅酒」に挑戦してください。
食べた後の殻は味噌汁のダシにも使えますので、お酒の飲めない方もカニを丸ごと楽しむことができます。

原産地
北海道産
内容量
毛ガニ 400g前後×1尾
※冷凍焼けを防ぐために、グレース加工でのお届けとなります。
グレース加工とは、真水や塩水に潜らせ食材の上に作る氷の膜を付けることです。
蟹の内部の水分を閉じ込めるためにこの加工を施しています。
他店では、グレース加工後の重量で販売しているところもございますが、弊社では加工前の重量記載としています。
個体によって、グレースの厚みは異なりますが、お届けサイズに相違はございません。
解凍は、お召し上がりになる前日に、甲羅を下にして冷蔵庫でじっくり解凍してください。
保存・消費期限
冷凍(-18℃以下)で保存してください。解凍後は冷蔵にて0℃~-5℃位で保管しお早めにお召し上がりください。
※再冷凍は風味が損なわれますので、お避けください。
お届け方法
冷凍にてお届けいたします。
配送日時
ご注文確認後、3営業日以内の発送
¥3,600
税込 運送 チェックアウト時に計算されます。